誰でも知ってるガシャポンがコミュニケーション機能を実装。
ガッシャポンと名付けられた。
ガッシャポンは脱出に必要なアイテムを出してくれる。
ガッシャポンがキミを連れて行くのは
夢と現実がリンクした世界。
脱出しないとキミが消えちゃう。
さあ、キミは脱出できるか!?
208X年。星川昇太(86)は、80歳を過ぎてなおおもちゃ技師として働いている。
子供たちに「夢と希望」を与える仕事を続けたい、というのが彼の願いだ。

2040年代に昇太が開発したガシャポンTYPE’40は、子供たちと双方向でコミュニケーションが取れるガシャポンとして、 もっとも子供たちに「夢と希望」を与えたおもちゃに授与される世界的なアワードも受賞し、ガシャポンTYPE’40は世界中に普及していた。

もっと子供たちの近くにいて「夢と希望」を与えられるガシャポンを作りたいと、昇太は新型ガシャポンの開発に あたっていた。開発コードネームを「ガッシャポン」と名付けられた新型ガシャポンのプロトタイプは、「見る、聞く、話す」という コミュニケーション機能の他に「タイムトラベル機能」を実装していた。

そんな時、太陽系から遥か遠く、暗黒の宇宙に浮かぶ凍てついた惑星から、CC(コールドコスモ)星人が宇宙探索の途上に地球へ着陸。 彼らのミッションは、宇宙にある光と熱を持った全ての天体を、彼らの生体にあった暗く冷たい星に変えることだった。

しかし、昇太の開発したガシャポンTYPE'40が設置された周辺だけは、ガシャポンTYPE’40が発する「夢と希望」が「光と熱」に 変換され、CC星人の襲来以前の環境をなんとか保っていた。

どうしても暗黒と冷気で包み込めない地域があることを発見したCC星人は、その原因がガシャポンTYPE’40にあることも すぐに突き止める。時を待たずして、CC星人は開発者である昇太を見つけ出し、昇太の研究室を占拠して、 「ガッシャポン」とともに昇太を軟禁してしまう。

ガシャポンTYPE’40の機能を停止させる仕様書がCC星人の手に落ち、ついに地球のすべてが暗黒と冷気に覆われるまで 数日という危機が訪れる。

脱出を決意した昇太は「ガッシャポン」にすべてを託すことに。
「ガッシャポン」は過去にさかのぼり、高校生の昇太の前に現れる。そして、未来の自分の脱出を手助けさせるため 208X年に連れて変えるつもりが、、、どうやら、「タイムトラベル機能」はまだ完全じゃなかったようだ。。。

大人になった昇太が開発した未来のガシャポン。
昇太を未来に連れて行くために現代へやってきた。
夢=リアルの密室から脱出するために
必要なアイテムを出してくれる。

普通のいまどき高校生。
ガッシャポンとの出会いから、
夢=リアルの世界に巻き込まれる。
ガッシャポンと一緒に守護エレメントを
スカウトするために全国を回る。

夢の中の昇太。
気がついたら炎に燃え盛る本能寺に
閉じ込められていた。
脱出するために、本能寺に隠れている
モンスターたちを退治して
脱出の鍵を奪わなければいけない。

守護エレメントは、昇太と一緒にモンスターを退治するために戦ってくれる。
昇太とガッシャポンが全国をまわってスカウトする。

天下統一を夢見る武将エレメント。
お酒は来の葡萄酒が好み。
口癖は「心配ご無用!」。
必殺技『封魔のさや』で、どんな呪われた
名刀も吸い込んで鎮めてしまう。

ツンデレ肉食系女子エレメント。
好物はもちろんお肉、しかも松坂牛限定。
口癖は「これでも、食らいなさい!」。
扇で風を起こしモンスターを吹き飛ばす
『風神のうちわ』が必殺技だ。

若侍の塊が時空を超えて具現化した
白虎エレメント。
喜多方ラーメンを食べさせるとなんでもする。
知恵があり機転が効くので
昇太をピンチから救う。

昇太が夢世界で閉じ込められた密室に隠れているのがモンスター。
脱出の鍵を持ったキーモンスターを退治しないと脱出はできない。

鏡を通して魔界から現れた魔人。
悪事を繰り返したため半身しか出てこれない。

その刀に斬られたものの魂が怨念によって
憑依した魔物。

使い走りの低級魔人。
イタズラが何より大好き。
火、水、木の3属性あり。

企画、制作:京風とまと
監督:京風とまと
脚本:井上うえまつ、京風とまと
キャラクターデザイン:矢田崎友輔
絵コンテ:矢田崎友輔
アニメーター:フジツカ
       カワカミヤスコ
       山本雄三

声優:ガッシャポン=三田ゆう子
   昇太(信長)=阪口大助
楽曲:ウォリ、妃那
音効:ウォリ












カプセル1
ガッシャポン登場!
退屈で同じような毎日を繰り返している主人公・昇太だが…